マイ スタッフ -お得情報共有日誌-

私が実際に使っていて気に入っているモノや、気になっているモノなどを共有、記録するブログです

安さと快適さを兼ね備えたスマホの運用プラン

キャリアでスマホが3,000円強で契約できるようになるこれからの通信業界。

 

格安SIMを契約するメリットは少なくなってきた。

料金の値下げに対する期待は大きい。

 

私自身、

ガラホに約1,000円

格安SIMに約1,000円

合計約2,000円で10年近く運用してきたが、複数台の管理したりする手間を考えるとahamoやpovoで一台にまとめるのもありなのかなと思う。

 

今の契約のメリットとしては

 

  1. ガラホは月1,100円の無料通話が付いているので突然電話しなければならないときにも安心
  2. ガラホはバッテリーが1週間以上持つので充電頻度が少なくていい
  3. ガラホが緊急連絡手段になっているのでスマホのバッテリーをそこまできにしなくてもいい
  4. 維持費が安くて通信料も困らない

 

個人的には1がでかすぎる。

基本家族のみでたまに店に電話するぐらいの使い方なので1,100円の無料通話は非常にありがたい。

5分カケホだと時間が気になってストレス。

なので私個人としては5分カケホは好みではない。

完全カケホは完全にオーバースペック。

バッテリー持ちがいいのは災害時にも役立つ。

 

 

もちろんデメリットもある。

 

  1. 荷物が増える
  2. 複数台の管理(バッテリーや通知など)が面倒

 

私が感じているのはこのあたりだ。

特にコロナ禍の現在、荷物はなるべく減らしたい。

デメリットは少なく感じるが、荷物のストレスがとにかく大きい。

 

 

 

安い料金で安心できる通話と最低限の通信。そして荷物を減らすことの並立をしたいと思い調べると、いくつか候補が見つかった。

 

 

一つ目は以前にも紹介したUQモバイルのくりこしプランと楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Ⅵの二刀流だ。

UQモバイルの通信品質と楽天LINKでの無料通話の合わせ技。

楽天モバイルは契約したし、あとはUQMNPをすれば完成する。

メインの番号に無料通話がないのが不安。オプションで付けられるがそれだと値段が上がってしまう。

 

二つ目は日本通信の合理的20GBプラン月額1,980円。

税別表示とのことなので税込だと2,178円。

このプランは20GBのデータ容量になんと70分まで通話が無料となっている。

 

三つ目はHISモバイルの格安弐拾プラン月額1,980円。

このプランも税別とのことなので税込2,178円。

20GBのデータ容量と70分まで無料通話となっている。

 

 

この三つ以外にも今後魅力的なプランが出てくる可能性はある。

値下げのきっかけとなった楽天docomoにはとても感謝している。

同程度の値段だったら彼らを優先し、可能な限り応援したいと思っている。

 

 

当面はガラホ楽天モバイルを挿したiPhoneの二台持ちでいくが、折を見てどれかに変更するつもりだ。

 

 

ともかくパッと見で総額がわかりづらいので税込表記の義務化が待ち遠しい。

 


nanasemyst.hatenablog.com

 


nanasemyst.hatenablog.com